YellJapan

訪日外国人・インバウンドのビジネス向け総合情報サイト

2016年の訪日中国人観光客数は初の600万人を突破!爆買いの行方は・・・?

2016年の訪日中国人観光客数は初の600万人を突破!爆買いの行方は・・・?

今大きな盛り上がりを見せる訪日外国人観光客の市場。2020年の東京オリンピックに向けてさらに増加していくと予想され、市場はさらに盛り上がっていくことでしょう。

そんな中でも特に注目を集めるのが”爆買い”ワードでも知られる訪日中国人観光客です。今回は中国人の2016年のインバウンドの実績について紐解いていきたいと思います。

2016年の訪日外国人観光客数は2400万人!

2016年の訪日外国人観光客数は2400万人!
出典:日本政府観光局(JNTO)

2016年はインバウンドが世の中で非常に注目された一年でした。市場全体を見たときに、なんと観光客数は2400万人を突破し、前年比で20%成長を記録しました。

2011年が約600万人程度の観光客数しかいなかったことを考えると、約5〜6年で4倍の成長を急激に達成したこととなり、どれほど大きな成長が起こっているのかがわかります。

様々な自治体や民間企業のプロモーション効果もあり、これからもさらに観光客数は増加傾向で進むと考えられています。また政府も訪日外国人観光客数の目標値を引き上げるなど、本腰を入れている模様です。

間違いなく、今日本においてもっとも注目を集めている市場のひとつと言っても過言ではないのではないでしょうか。

その中でもトップは訪日中国人観光客で637万人!

その中でもトップは訪日中国人観光客で637万人!
出典:日本政府観光局(JNTO)

そのように大きな盛り上がりを見せるインバウンド市場ですが、中でも最も観光客数で多い国が中国です。2016年では637万人を記録しました。全体の観光客数が2400万人のため、約25%が中国人観光客で占められているという状況です。

2014年まで訪日観光客で一番多いのは韓国でしたが、2015年に中国と逆転、2016年には130万人と観光客数で大きな開きが出るまでに至りました。また東アジア全体で見ると、韓国が509万人、台湾が416万人、香港が183万人となり、全体の約70%ほどを東アジアが占めているという状況です。

伸び率で見ても中国人観光客は非常に大きいですが、それ以外にベトナムやインドネシアをはじめとする東南アジアからの観光客数が大きく伸びており、今後の成長が期待されます。

訪日中国人観光客の消費額は1兆4754億円!

それだけ多くの観光客が日本に訪れてきてくれていますが、果たして消費額で見るとどうなのでしょうか?

2016年のインバウンドによる消費額の合計は、観光庁の発表によれば3兆7476億円と大きな経済効果を生んでいます。そのうち中国人観光客による消費額がトップを占め、その額は1兆4754億円にまでのぼります。この額は実に全体の39.4%を占めるという状況となっており、インバウンド市場における中国人観光客の取り込みの重要がわかります。

しかし伸び率で見たときには、消費額は全体で7.8%、中国人観光客単体で4.1%の増加にとどまっており、観光客数の増加に比べると消費額が伸びていないという現状があります。その理由は一人当たりの平均消費額が15万5896円と11.5%減少したことにあります。

主に一人当たりの消費額が下がったことの原因は2つ考えられており、一つはしばらく続いていた円安が止まり円高に振れてしまったこと、もう一つが中国政府による関税の引き上げ施策だと言われています。これにより2016年後半には”爆買いブーム”は終わったなどとも言われるようにもなってきました。

訪日外国人観光客は伸び続ける、けど…?

上記のように、東京オリンピックに向けて様々な自治体や民間企業のプロモーション活動により、今後も訪日外国人観光客数は順調に増加していくことが予想されます。ただ一方で、一人当たりの消費額が減少しているように、爆買いブームは少しずつ終焉に向かっているという見方もあります。

そのため、インバウンド市場におけるこれからの課題感としては以下の2点が挙げられるようになってきました。

  • 爆買い目的だった観光客が日本に来なくなるのを防ぐ
  • そんな中でもインバウンドにより経済効果を少しでも大きなものにしていく

そこで、今注目されるようになってきたのが”モノ消費からコト消費へ”という考え方です。

中国人観光客をはじめとして全ての訪日外国人観光客に当てはまることですが、「日本の高品質の商品を安く購入できる」というモノを購入できることによる価値は、円高や関税施策などの外部的要因、また越境ECの台頭などにより自国でも手に入れられるようになったこと、などを受けて少しずつ低下してきました。

そのため今後は「日本に来て素晴らしい体験ができる」というコトの価値に転換していく、というのがこれからインバウンド市場における大きなトレンドになってくると言われるようになってきました。

日本全体で訪日外国人観光客の方に素晴らしい体験を提供しよう!

これからももちろん日本での購買行動による経済価値・顧客満足は続いていくことでしょう。しかし、それだけではこれから先どんどんフラットになっていく世界の中で、日本に来ることの価値が低下し、インバウンド市場が縮小していってしまうかもしれません。

そのために一番大切なことは、単純に売り手目線な体験の提供やプロモーションではなく、旅行者が真に求めている本当にしたい体験を提供していくことです。今のこの流れが早い世の中において消費者のニーズはどんどん変わっていきます。そのニーズの変化をすぐにキャッチして、即座に対応していく。それが今後のインバウンド担当者に求められる能力となっていくのではないでしょうか。

日本全体で一枚岩となって、訪日外国人観光客の方々に素晴らしい体験を提供できるようになると、良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Return Top