YellJapan

訪日外国人・インバウンドのビジネス向け総合情報サイト

訪日外国人観光客の広域移動実態が明らかに!首都圏や地方での行動傾向!

訪日外国人観光客の広域移動実態が明らかに!首都圏や地方での行動傾向!

近年増加が著しく、また2020年東京オリンピックに向けてさらに増加していくことが見込まれている訪日外国人。様々な領域で議論されていますが、最近特に話題になっているのが訪日外国人の日本での移動。「どこから入国してどこで滞在してどこから出国しているのか」ということが注目されています。

この訪日外国人の移動実態について、2017年4月20日に東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)と株式会社NTTデータが共同で実施した調査結果の一部がリリースされたため、本日はその内容を抜粋して紹介していきたいと思います。

<調査概要>

今回両者で実施された調査は、世界の各国からの訪日者の日本滞在中の移動実態の調査および分析となり、下記の3つの手法で実施しています。

①広域移動実態調査

NTTドコモ「モバイル空間統計」のデータを用いて、入国者の滞在地域、および出国地域の分析

※広域=日本の地域を11のエリア*に区分、その区分間の移動を広域、区分内での移動を狭域と定義
(*=北海道、東北、関東、信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄地方)

②狭域(首都圏)移動実態調査

観光アプリ「Japan Travel Guide」のGPSデータを用いた、詳細な移動実態分析(首都圏)

③インターネット調査

インターネット調査会社のモニターへ訪日の目的や情報収集経路、および利用交通機関などのアンケートによる分析
対象国:中国、韓国、台湾、香港、アメリカ

北海道や九州、沖縄への入国者は広域(エリア外)移動が少ない!

北海道や九州、沖縄への入国者は広域(エリア外)移動が少ない!-1
北海道や九州、沖縄への入国者は広域(エリア外)移動が少ない!-2
出典:訪日外国人旅行者移動実態調査結果(東日本旅客鉄道株式会社・株式会社NTTデータ)

調査データより関東や近畿へ入国する旅行者は、広域への移動割合が非常に低い結果となっています。反面、信州や北陸、東海エリアへの入国者は広域への移動割合が高い数値に。北海道や九州、沖縄では旅行の目的がその地域内で完結しており、他の地域へ観光を検討していないことが読み取れます。北海道であれば北海道での旅行プランを、沖縄では沖縄での旅行プランを計画して来日する傾向が高いということですね。

一方、信州や北陸、東海地域への入国者の場合は、その後他のエリアへの移動割合が高くなっています。データはありませんが、移動先としては関東が多いということです。北海道や沖縄に比べて、信州や東海エリアは東京への移動にそれほど負荷がかからないため、広域の移動を前提に観光に訪れている方が多いのですね。

首都圏での滞在者は初日は都内主要都市!2日目はディズニーランドへ

首都圏での滞在者は初日は都内主要都市!2日目はディズニーランドへ-1
首都圏での滞在者は初日は都内主要都市!2日目はディズニーランドへ-2
出典:訪日外国人旅行者移動実態調査結果(東日本旅客鉄道株式会社・株式会社NTTデータ)

首都圏での滞在者の傾向を見るに、来日の初日は新宿や浅草、銀座での滞在が多い傾向があります。訪日目的の第一位が「グルメ・ショッピング・繁華街(19.6%)」であることから、ショッピングエリアへの訪問が高い割合となっているのかもしれません。

また、滞在2日目には以前として初日同様ショッピングエリアでの滞在割合は高いですが、その他に”舞浜エリア”での滞在が増加しています。アンケート調査でも訪日目的の第5位に「遊園地・テーマパーク(8.6%)」となっていますが、2つのデータから東京観光の目的の1つに「ディズニーランド・シー」への訪問はやはり高い割合を占めているといえます。

首都圏での滞在者の利用駅は「新宿・渋谷駅」が最多!

首都圏での滞在者の利用駅は「新宿・渋谷駅」が最多!
出典:訪日外国人旅行者移動実態調査結果(東日本旅客鉄道株式会社・株式会社NTTデータ)

首都圏での滞在者が最も利用する駅は新宿駅で、次点で渋谷駅です。乗り入れの本数が多いことや、主要観光地へのアクセスが良いことが理由として考えられます。

また利用者が多くないのにも関わらず滞在中の平均駅利用日数が多いのが、池袋駅や高田馬場駅。これはリリースでも言及されていますが、宿泊しているエリアに近い乗換駅となっていること理由であると考えられます。特に池袋駅は、乗り入れ本数が都内でも比較的多く、山手線をはじめ丸の内線など主要な路線が通っているため、宿泊地として選ばれているのではないでしょうか。

訪日前の滞在エリアの情報源はSNS・ブログ記事が多い!

訪日前の滞在エリアの情報源はSNS・ブログ記事が多い!
出典:訪日外国人旅行者移動実態調査結果(東日本旅客鉄道株式会社・株式会社NTTデータ)

アンケート結果より、訪日前の滞在エリアの決定にあたり情報の源としてはSNSやブログ記事が高い数値になっています。近年の傾向として、特に韓国ではSNSの利用が高いと言われています。

韓国のネットシェアはGoogleはもちろんですが、Naverが割合として高く、そのNaver中でのコミュニティ(カフェ)での情報交換が盛んと言われています。もちろんニュース記事や観光メディアから情報を収集するケースもありますが、有名ブロガーや近しい友人が情報源であることが比較的多くなっているのでしょう。今後もSNSの割合は増えていくのではないでしょうか。

訪日者の移動実態を把握して、マーケティングに活かそう

今後さらに増加が見込まれる訪日外国人旅行者。冒頭でも記載しましたが、2020年の東京オリンピックに向けて、多くの企業が訪日向けのインバウンド事業を展開していくことでしょう。インバウンド事業を展開する際には、日本国内での訪日観光者の移動のデータは有効に活用できると思います。今回の調査結果をぜひ一度ご覧になってみてください。

2020年に向けて日本全体のインバウンド事業がさらに盛り上がると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Return Top